MENU

若返りに効果的な運動方法

若返りを希望するなら、適度な運動を習慣化して、血管年齢を若返らせることが肝心です。
血管は筋肉と同様に、使わなければ衰えたり、血流が減少する特徴があります。
勿論、人体には血流が不可欠なので、血管が一切使われない、という状況は生きている限りあり得ません。

 

しかし、運動しないと血管が硬くなり、柔軟性が低下するので、場合によっては、血管関連の症状発症に至る恐れが潜みます。
重要なのは、体を動かし活性化することで、血管を若々しく保つことがポイントです。
血管の調子が良くなると、血流が体の隅々まで行き届き、新鮮な血液を細胞に与えることが出来ます。

 

若返り=血管が健康?

若返りとはつまり、細胞が健康であるかで決まるので、血管から健康状態を改善することがおすすめです。
血流を改善することが出来る、効果的な運動方法としては、無理なく効率的な動作が可能な、有酸素運動が適しています。

 

例えば、ウォーキングは通常の歩行と異なり、意識的に体を動かすことで、全身運動の実現に結び付きます。
ただ、歩くだけでも体力を向上することが出来る、基礎的な運動にはなるでしょう。
一方、意識的に有酸素運動が行えるウォーキングは、全身を動かす必要があるので、慣れない間は直ぐに疲れてしまいます。

 

ただ動くだけでは若返りにはつながらない

若返りのポイントとなるのは、体の効率的な使い方を覚え、習慣的に運動する点にあります。
運動の習慣は、週3回から始めるのがおすすめで、1回あたり1時間を目標に行なうと効果的です。
運動前後には、必ず全身にストレッチを施し、体機能がフルに発揮出来るように、準備を済ませておくことが大切です。

 

また、忘れては行けないのは、定期的に摂取する必要がある水分補給です。
血液は、水分がなければ流れませんから、運動による発汗で水分が減少すると、肝心の目的である、血流の改善が行われにくくなります。
水分補給を行なう時は、適度な塩分と糖分を含む、薄めのスポーツドリンクが適しているといえます。

 

若返りのための運動習慣がついてきたら

有酸素運動に慣れたら、今度は筋トレをメニューに加えると、
若返りの効果を向上させる、成長ホルモンの分泌を促すことが出来ます。
成長ホルモンは、睡眠時に分泌されるホルモンですが、日頃の過ごし方によって、分泌量に差が出ることが分かっています。
運動不足は、成長ホルモンの分泌を妨げてしまい、やがて肌の若さに深く影響する、細胞の修復や成長を阻害してしまうでしょう。
お腹周りの脂肪が気になったり、肌に栄養が行き届いていないと感じた場合は、少しずつでも運動を始めることが必要です。

 

炭水化物が過剰な食生活は、細胞の若さに関係している、ビタミンを多く消費してしまいます。
不足分は補えば良い、という考え方もありますが、若返りの定義が肌の美しさだとすると、体脂肪は燃焼して減らすことが欠かせません。
脂肪が燃焼しにくい人の体質は、細胞がダラケてしまっている状態で、美容に不可欠なエネルギーの消化、吸収が上手く行われないと考えられます。

 

適度に運動している人は、筋肉が基礎代謝を高め、体脂肪をエネルギーに変えて、個々の細胞に届けることが出来ます。
当然ながら血管も健康になり、血流が改善されますから、指先の末端にある毛細血管にまで、細胞活動の燃料となるエネルギーが行き届きます。
若さの維持には、成長ホルモンが鍵を握っているので、これをいか分泌させたり、各細胞に届けられるかが課題です。

有酸素運動と筋トレ、それで若返る?

有酸素運動は、基礎体力の向上と維持に効果的で、効率的に鍛え上げられる方法です。
更に筋トレを加えれば、夜間に作り出される、成長ホルモンの分泌に期待感が得られます。
睡眠は長めに、早く寝床につき始めると、細胞の修復が始まる時間帯に間に合い、少しでも長く成長ホルモンの効果を授受することが出来ます。

 

細胞の材料は、口から摂取する栄養素に他なりませんから、新鮮で良質な野菜を始めとして、豊富な栄養素を含む肉や魚、果物もバランス良く摂ると良いでしょう。
逆に、間食は内臓を疲れさせたり、体脂肪の原因となるので、運動の効果を損ねない為にも、控え目に摂ることが推奨されます。

 

食べる楽しみは大切ですが、節度を守った方が、美容面の希望が実現しやすくなる、その可能性が高まります。
もっと積極的に、より若返りに取り組みたい場合は、水泳を始めて見るのも効果的な選択です。
水泳は、陸上とは違った筋肉の使い方をするので、疲労感の起こり方に違いが生じ、成長ホルモンも出やすくなります。
慣れない初心者は、水の中で四苦八苦したり、長時間泳ぎ続けられないことに戸惑います。
所が、水の中で1時間過ごすだけでも、体にとってはエネルギーを生み出すことが出来る、貴重な運動の機会となります。
ちょっと苦しい、と感じるまで体を動かせば、体は肉体的な危機感を感じ取り、成長を促そうとしてホルモンを分泌します。

 

慢性的にダラケた生活習慣は、精神的にも受ける刺激が少ないので、
運動の習慣化をベースに、たまには刺激的な挑戦を行なうことが、若さを取り戻し保つ結果に繋がる為の鍵です。