MENU

顔の若返り方法

紫外線の当たりやすい部分である顔は老化の表れやすい部分といえます。
紫外線は肌の潤い成分にダメージを与えて、肌の乾燥を引き起こしやすくなってしまいます。それに加えて加齢によって肌の潤い成分が減っていきシワやシミなどの肌トラブルの原因となってしまいます。
シワやシミ、たるみなどが出てきてしまうことから、顔の若返りには紫外線対策が重要となります。

 

紫外線対策は老化防止をするためにも必要なことですが、紫外線に対して気を使うのはよく晴れた日や日差しが強い季節だけという人も多くいます。
しかし、曇りや雨、日差しが強くない季節でも紫外線は降り注いでいるため、そんな時にもしっかり対策をしていくことが必要です。

 

基本的に紫外線は5月頃から増えていき、6〜8月にピークになって徐々に減っていきます。
夏に比べて春や秋は夏の半分、冬は1/5程度になるといわれています。
雨の日や薄曇りの日でも紫外線はあり、晴れた日の60〜80%、雲の厚い大雨の日でも30%ほど紫外線はあります。また、地面からの照り返しによって紫外線を浴びてしまうこともあります。

 

肌の老化防止のための方法

このような紫外線を避けるためには対策が必要です。紫外線対策の基本としてあげられるのは日焼け止めです。日焼け止めはなるべく一年を通してつけることが良いとされています。
また、日陰に入ったり、日傘を利用する、帽子をかぶる、目の詰まった黒い色の衣類を着たり、目から紫外線が入るのを予防するためにサングラスをかけることも有効です。

 

また、メイクをするときには化粧下地やファンデーションなどにも紫外線をカットする効果があるものもあるため、それらをうまく利用することで肌を守ることにつながります。

 

肌自体の若返りを保つ

紫外線予防をして肌の潤い成分を減らないことも重要ですが、シミやシワなどを防ぐためには肌の若々しさを保つ必要があります。

 

若々しい肌を保つためには、糖化と酸化を防ぐことが重要だとされています。
糖化とは体の中のタンパク質が食事によって取り入れられた糖分と結びついて劣化したタンパク質を生成して体内に蓄積することをいいます。糖化が進むと肌の色が変色してしまいくすみにつながります。

 

酸化は呼吸することで取り入れた酸素がストレスなどによって活性酸素に変わり、活性酸素が細胞を攻撃されることによって引き起こされます。
酸化してしまうと脂質と結びついてしまい、シミやシワなどの老化を引き起こしてしまいます。

 

若々しい肌のために・・

これらを改善するためには、食事を見直して内側からケアをしていくことが必要です。

 

糖化を防ぐためには糖の摂取をやめるのではなく劣化したタンパク質がたまらないような体を作っていくことが必要です。
血糖値が高いと糖化しやすくなるため、食事を見直して糖質や脂質を控えめにして栄養バランスのとれた食事を意識することによって血糖値の上昇を抑えることができ、糖化を予防することにもつながります。

 

酸化を防ぐためにはまずストレスを減らして活性酸素を作らないことが重要です。また、活性酸素を除去するためには抗酸化作用のある食材などを意識して取り入れていくことがオススメです。

 

肌の若返りのためには外側からも気を付ける

体の内側からのケアと同時に行いたいのが、肌の潤い成分を外側から補給することです。
若返りには肌のハリや潤いなどが必要となります。

 

そのために効果的なのが自分の悩んでいる肌トラブルに対しての適切なエイジングケアです。
シミに悩んでいる場合には、ビタミンC誘導体などコラーゲンの生成を促す成分が配合しているスキンケア用品を利用したり、乾燥やシワ、たるみなどは潤い成分が足りないことによって引き起こされるため、保湿効果の高い成分であるセラミドを利用することが良いとされています。

 

若返りには筋肉も動かす?

また、内側からのケアとしては顔の表情筋を鍛えることが若返りにはオススメです。
顔ヨガなどの表情筋を意識的に動かすことによって、たるみやほうれい線などの予防につながります。

 

血行やリンパの流れが良くなることで老廃物を排出することができむくみの改善に役立つほか、新陳代謝が高まるため肌のターンオーバーがしやすくなります。

 

顔ヨガのやり方は簡単で、姿勢を整えたら、天井を見るようにゆっくり顔を上に向けます。そして舌をまっすぐに出して5〜10秒キープします。ゆっくり舌を戻して表情も戻して、正面を向いて完了です。
顔の真ん中にパーツをぎゅっと力を入れて寄せていきます。そのまま5秒キープして、力を抜いて8秒ほど解放します。

 

ほうれい線には口を大きく開けるポーズが効果的です。
顔の全てのパーツが縦に伸びるように意識しながら、顔や目などを思い切り縦方向に伸ばします。
ムンクの叫びのようなイメージで伸ばしたら、その状態をキープし、口角だけを引き上げて5秒キープします。5秒経ったら8秒顔を緩めます。

 

他にも様々な改善方法がありますが、セルフケアで改善したいという場合には、どの方法であれ
毎日続けていくことが大切となります。